発表会

Photo_2
夜に始まる発表会[E:karaoke]

夕方から、私と一緒に演奏して下さるプロのベースとキーボードの先生方と初顔合わせ[E:confident]
そしてすぐにリハーサル[E:note]

ところが…
いつも練習では歌入りの音源[E:cd]に合わせて叩いてるのですが、今回ボーカリスト[E:karaoke]は無し。
リハーサル[E:music]が始まってしばらくしたら、曲のどこらへんを叩いてるのかわからなくなってしまってめちゃくちゃ[E:shock]
ベースとキーボードの先生方は「あれっ[E:eye]」って言う顔でこっちを見ておられました[E:sweat01]

あれだけ練習したのに[E:sweat02]歌詞が無いだけでこんな状態[E:shock]
覚えてると思い込んでるから楽譜[E:book]持って来てないし…ヤバい[E:crying]

焦る思いで、本番まで何度も音源を聴き直して楽屋をウロウロしていたら、一緒に演奏して下さるベーシストの先生を発見[E:eye]

「どこを叩いてるのかわからなくなってしまって、どうしたらいいですか[E:crying]」

「歌いながら叩いたらいいんですよ[E:note]
英語の歌詞はいい加減でいいですから、いつも練習してる曲やから、歌ったらどこ叩いてるかわかりますよ[E:confident]
ソウルの曲って単純な繰り返しが多いから、どこを演奏してるかわからんようになるのが一番のネックですけど、歌ったら大丈夫ですよ[E:confident]」

なるほど[E:flair]
私はフランス人なので、英語の歌詞はうろ覚えでしか無かったけど[E:bleah]それでやってみるか~[E:coldsweats02]

あっと言う間に開始時間[E:movie]

私の少し前の出番の熟年男性ドラマーの出番[E:note]
Photo_3
まだ習い始めて日が浅い方なので、先生の方が大変[E:run]
客席から先生が(↑手前の黒い影)身振り手振りでリズム取ったり指揮したりで、なんとかうまく行きました[E:confident]

もうすぐ私の出番[E:sweat01]

今年は誰も誘わないつもりだったのですが「発表会がある[E:note]」と言うと「聴きに行く~[E:sign03]」と友人達がかけつけてくれました[E:heart02]

ドリンクコーナーではアルコールもじゃんじゃん振舞われていて…[E:beer]

ステージに上がったら
「いよっ[E:sign03]●●ちゃ~ん(私の名前)[E:sign03]」と客席から、すでにアルコールで出来上がった友人達の掛け声[E:coldsweats01]

演奏前に、事前に渡していた私の一言メッセージを司会の方が読み上げられました[E:karaoke]
「ドラムを叩いてる時間が一番幸せな時間です。
ヤマハで先生は、私にスティックを持たせるだけでなく、体操させたり、歌わせてみたり、あの手この手で教えて下さるのでびっくりする気付きがあります。
いつも楽しく教えて下さる大好きな◆◆先生に心から感謝しています」
先生は泣き出してしまわれました[E:confident]

『歌いながら』
『リズムに乗って』を思って、いよいよ演奏開始[E:note]

何だかすんごく気持ち良くなって、目をつぶりながら乗りに乗っていました[E:note]
途中で歌詞がわからなくなって[E:shock][E:shock][E:shock]、やっぱりどこ叩いてるかわからずめちゃめちゃ叩きになりましたが、しばらくしたら修復して、最後は何とかかっこつけて終わる事ができたと思います[E:sweat01]

客席に戻ったら友人の一人が
「長い付き合いやけど(20年来の友人)あんな良い顔見た事無いわ[E:heart02]
目をつぶって、めちゃめちゃ気持ち良さそう、アドレナリン出たらあんな顔になるんやねぇ」ですって。
確かにドラム叩いてたらアドレナリン出てますが、客観的に自分の顔を見た事が無いので、びっくりしました。

「めちゃかっこ良かった」
「こっちまで気持ち良くなった」
「凄い拍手やったやん、皆乗ったねぇ」
と言ってくれましたが巧いとは言われなかったので、その程度なんです[E:sweat01]

最後に先生達のライブ
Photo_4
ド迫力で会場は大盛り上がり[E:up][E:up][E:up]
やっぱり先生達、かっこいいわ~[E:lovely]

最後に全員で写真撮影して終了。

友人達からお花とお菓子を頂きました
Photo_5

お菓子は楽屋で皆で頂いて写真無し[E:sweat01]

まぁ、いろいろありましたが、とてもとても幸せな時間でした[E:heart02]

次は5月ライブに向けて練習するぜっ[E:lovely][E:karaoke][E:note]

"発表会"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: